広報誌かわらんべ第232号に掲載

■第32回 吉瀬集落から眺める竜西の冬景色 (駒ケ根市吉瀬)

 中央アルプスの景観は、昨年冬の本紙220号でも紹介しましたが、オススメの眺望スポットはここにもあります。
ここからの眺めを知ったのは、2013年2月に松島信幸さんの案内で開催された伊那谷自然友の会の自然探索ジオツアー「天龍川冬景色に見えるもの」で教えてもらいました。中央アルプスの稜線に目をやると、正面が空木岳や南駒ケ岳、右側の高く見えるのが宝剣岳です。中央の谷は中田切川で、その扇状地が眼下に広がり、足元を右から左に流れる天竜川に合流します。その合流部には景観に溶け込んだ吉瀬田切大橋のアーチも見えます。伊那谷らしさが凝縮された景観です。