連載⑨ ついに こんな種類まで見つかるようになった天竜川

これまでは、水質浄化によって、良く見つかるようになった種類に焦点を当ててきましたが、今回は、さらに水質ランクの高い「こんな種類まで天竜川にいるの?」 と 驚くような水生昆虫ばかりを集めてみました。

毎年冬、ザザムシ講座のための佃煮材料の採集を天竜川で行っています。流れの速い瀬でたくさんの川虫を集める中で「ん!これは?」という種類に出会うことが多くなりました。天竜川でとっているはずなのに、山の中の渓流にすむ種類が見つかるのです。こんなことは数年前まではありませんでした。
真冬の天竜川で毎年 川虫をとるのはザザムシ漁師数人と「かわらんべ」くらい。だからこそ、この事実を多くの人に知ってほしい!

広報誌かわらんべ第232号(2022年3月号)に掲載