ポットホールとは川底や川岸の岩石面上にできる円形の穴のことをいい、おう穴、またはかめ穴ともいいます。ポットホールのでき方ですが、川底の岩の割れ目に小石や砂が入り込み、水流によってその小石や砂が動き回って、割れ目を削ってポットホールができます。削られた穴は、長い時間をかけて拡大してゆき、次第に円形になります。過流で回転して削る方の小石や砂は、ドリルストーンと呼ばれ、こちらは適当に入れ替わりながら、穴を成長させます。このようにポットホールは、水流による浸食作用の特殊な例です。穴の直径、深さとも数cmのものから数mのものまでその姿はさまざまです。木曽川にある寝覚の床や埼玉県の長瀞渓谷の岩畳などの景勝地にもポットホールがあります。天竜川では天竜峡など狭窄部で岩盤が多く露出している場所で見ることができます。ポットホールが地表にある場合は、昔その場所を川が流れていたことを示す重要な手がかりとなります。みなさんの周りでも探してみてはいかがでしょうか。

(かわらんべスタッフ 柳生 将之)