■飯田旭ヶ丘中学校1学年(選択講座) ■日時:2021年10月14日(木)13:00~15:30 ■会場:総合学習室/水辺の楽校

総合学習の選択講座として
三六災害と外来生物について学習いただきました。
三六災害学習では
災害の実態・身近な場所での被害・災害の原因や
災害の教訓を学んでいただきました。
外来生物実習では
水辺の楽校にすみ着いた在来エビと外来エビを見分け
生態系への影響や在来種保全の必要性を学んでいただきました。

三六災害学習では、被害を大きくした要因である「もろい地質」について風化した花こう岩を触って実感してもらいました。

後半の活動では、外来生物の影響を学んだあと、実際に増加しつつある外来種を駆除する実習を体験いただきました。今回は元々生息していた川エビの仲間:ヌカエビと、後から定着した外来エビのカワリヌマエビ類を対象にしました。

在来種と外来種の見分けも体験。見分けは難しそうですが、短時間で両種の区別に慣れました。外来種が下流から増加して、在来種が減少している状況が把握できました。