■駒ケ根市中沢小学校5学年 ■日時:2021年7月13日(火)16:00~17:00 ■会場:総合学習室

地域を知る社会見学での
三六災害学習で利用いただきました。
被害の状況について、通学区を主体に
当時と現在の写真で紹介し
映像・資料などで災害の実態・原因、
災害後の治水や砂防の防災対策
そして災害の教訓を学んでいただきました。

まずは通学区の新宮川周辺の災害状況を写真で解説し、そのあと映像・データによるスライドで三六災害の実態や原因、そしてこの災害を経験しての防災対策や教訓伝承について紹介しました。

伊那谷は崩れやすい地質で広く覆われています。伊那山地や竜西側では地表付近の花こう岩が風化して もろく・崩れやすくなっています。そのことを触って実感してもらいました。

座学のあとに館内見学も時間もとって、「三六災害から60年」の展示や天竜川に関する展示もご覧いただきました。