自然体験を通じ、川に触れ川を知り、災害から身を守る知識や自然環境への理解を深める

施設案内

施設概要アクセス館内の様子施設利用案内水辺の楽校スタッフ紹介
施設名称  天竜川総合学習館(愛称:かわらんべ)
外観
写真:正面玄関

正面玄関

写真:天竜川上空より施設全景

天竜川上空より施設全景

所在地 〒399-2431 長野県飯田市川路7674番地
連絡先 TEL:0265-27-6115
FAX:0265-27-6125
開館時間 9:00~17:00
休館日 月曜日・祝日の翌日
入場料 無料
貸室利用 9:00~21:00 無料

 

主な目的
  • 防災拠点
  • 水辺の自然体験型学習、総合的な学習の場
  • 地域のコミュニティー施設
主な事業
  • 「かわらんべ講座」の実施
  • 学校の「総合的な学習の時間」への施設、プログラム、講師等の提供
  • 河川関係を中心とした図書類の閲覧
  • 施設内多目的室の貸出
  • 治水対策事業紹介パネルの展示
設立時期 2002年7月7日
施設規模
  • 延床面積 949.50㎡
  • 敷地面積 約 3.700㎡
  • 鉄骨造 2 階建
運営 天竜川総合学習館運営会議
統括 佐藤 健(一般財団法人 飯田市天竜川環境整備公社 評議員・飯田市 副市長)
委員
  • 天竜川上流河川事務所長
  • 飯田市建設部長
  • 飯田市教育委員会教育次長
  • 飯田市美術博物館副館長
  • (財)飯田市天竜川環境整備公社理事 (若干名)
  • 飯田市川路水害予防組合長
  • 飯田市PTA連合会長推薦による女性副会長 1名
  • 飯田市小中学校校長会推薦者
館長 井上晃男(一般財団法人 飯田市天竜川環境整備公社)
事務局
  • 学習館館長
  • 教育担当者(1)
  • 学芸員(3)
  • 広報員(1)
  • 事務員(1)
主要関連団体
  • 国土交通省 天竜川上流河川事務所
  • 飯田市 建設部
  • 長野県
  • (株)中部電力
所在地 〒399-2431 長野県飯田市川路7674番地
TEL:0265-27-6115
FAX:0265-27-6125
交通案内(駐車場完備)
  • 中央自動車道
    『飯田IC』より 車で約30分
  • 三遠南信自動車道(無料)
    『天龍峡IC』より 車で約5分
  • 飯田線
    『天竜峡駅』又は『川路駅』より 徒歩約10分
アクセスマップ アクセスマップ

googleマップ

アクセスマップ(k_map.pdf:662KB)

1階

エントランスホール

エントランスホール~みんなの休憩スペース~

館内入り口すぐ横にある休憩スペースです。各種パンフや新聞などを設置しており、どなたでもご利用頂けます。ここには三六災害時と現況を対比した天竜川上流域の特大空撮写真があり、流域の市町村の位置をはじめ、伊那谷の地形を詳しく学ぶことができます。さらに、2台のモニターによって天竜川のライブ映像と天龍峡水位をリアルタイムで映しています。

サイエンスラボ~実験や工作、調理体験に最適な空間~

「サイエンスラボ」とは、「理科の実験室」という意味です。様々な実験や工作、調理などの体験を行うことができるうえ、プロジェクターによるスライド上映も可能な多目的空間です。
主に「かわらんべ講座」が行われる場所でもあり、貸室としてどなたでもご利用頂けます。

水力発電のしくみ~電気の仕組みがよくわかる~

自分の力でレバーを上下に動かして、タンクの中に水をくみ上げます。すると、その水の力でタービンが回りはじめ、観覧車に電気が流れます。誰にでも楽しく水力発電のしくみを学べる装置です。

児童図書コーナー~川のこと、生き物のことを調べてみよう~

書籍・図鑑などが設置されている空間で、「川のこと」、「生き物のこと」を学びたい時に活用できる空間です。

天竜川レリーフ~河口までの天竜川がよくわかる~

書籍・図鑑などが設置されている空間で、「川のこと」、「生き物のこと」を学びたい時に活用できる空間です。

天竜川ミニ水族館~いろんな魚たちに出会える場所~

メダカ、フナ、ドジョウ、ナマズといったおなじみの魚に加え、天竜川にたくさん住んでいるカワムツやオイカワにヨシノボリといった魚を観察できます。
そのほか、カメやスッポン、ザリガニ、特定外来生物・ウシガエルなどを観察することができます。※ウシガエルは環境省の許可を得て飼育しています。

水防活動室~天竜川の水防の歴史がよくわかる~

「かわらんべ」は水防をはじめとする防災活動の拠点としての機能も備えています。「かわらんべ」がある飯田市川路地区は、日本の土砂災害史上でも未曾有の大災害となった「三六災害」を始め、昔から大水害に悩まされてきた地域なのです。この部屋は、そんな水害から生活を守るために活動を行っている地元の方々が使用したり、水防史を展示している空間です。

2階

総合学習室 地域コミュニティ室~会議やサークル活動など~

「机・椅子を入れると 60 人、机・椅子なしでは100 人程度までご利用頂けます。PCによるスライド上映が可能な他、DVD・ビデオ・CDなど、各種AV機器を設置しております。普段はひとつの部屋ですが、必要に応じて部屋を2つに仕切ることも可能です。貸室としてご利用頂けます。

図書室~川の専門書や雑誌、地域の郷土史が満載~

1階の「児童図書コーナー」に対し、こちらは川の専門書を中心とした「ミニ図書館」のような落ち着いた空間です。川や地域のことについてより深く学びたい時に最適な空間です。パソコンも1台設置されており、インタ ーネットもご利用頂けます。
また、学生さん方の勉強場所としても利用頻度が高い場所で、受験勉強や宿題を行う場所としてもご利用できます。

ビデオ・DVD閲覧コーナー(河川図書室)

河川図書室の一角に、ビデオ閲覧コーナーがあり、図書館内にあるビデオやDVDを、どなたでも無料でご覧頂けます。子どもから大人まで、誰でも楽しめるソフトが揃っています。

河川展示室~天竜川全体の「治水の歴史」を学ぼう~

天竜川上流域の歴史や治水対策事業、砂防事業などをパネルにして展示しています。上流域における洪水の起こる原因を、地質的特長から解説した展示物も設置しています。
また、天竜川クイズや、三六災害(昭和36年の大洪水)時の貴重なビデオ映像などもご覧いただけます。

企画展示スペース~あなたも企画展示をしてみませんか?~

「企画展示」を行うスペースです。また、かわらんべだけでなく、みなさまから広く展示物を受け付けておりますので、身近にご自慢のものがある方はどうぞかわらんべまでご連絡ください。

河川状況監視室~普段はバードウォッチングもできる~

飯田市内天竜川の「弁天橋」から「天龍峡」までの5箇所について、リアルタイム映像を見ることができます。
洪水時には河川監視室として活用される部屋ですが、普段はバードウォ ッチングなどを楽しむことができます。

施設利用案内

講習会・研修会や会議、NPO等の市民団体活動・サークル活動などにご活用ください。政治的、宗教的および営利目的ではなく公序良俗に反しなければ、どなたでもご利用いただけます。事前のお申し込みが必要となりますので、下記申込書に必要事項をご記入のうえ、ご連絡下さい。

施設利用時間 9:00~21:00(※17:00以降は要相談)
利用料 無料
休館日 月曜日(祝日の翌日)
お申し込み方法 ①施設利用を希望される方は、電話もしくは来館いただき、当館担当者と事前に施設の空き状況等について確認をお願いします。②予約確定後に「天竜川総合学習館利用許可申請書・利用申し込み書」の記入・提出をお願いします。『天竜川総合学習館利用申し込み書』Word版 ダウンロード(40.5KB)一太郎版 ダウンロード(28.0KB)PDF版 ダウンロード(10.9KB)※館内での飲食は原則禁止です。③館内の物品等の利用を希望される方は、借用書の記入をお願いします。『借用書』(館内物品等)PDF版 ダウンロード(132KB)※利用申し込み書、借用書は当館で直接記入していただくか、FAX・電子メールにて送付ください。TEL:0265-27-6115FAX:0265-27-6125

総合学習室/地域コミュニティ室

会議や講演会、サークル活動など、多目的に使用できます。AV機器も充実。
  • 最大60名収容可能(机なしでは約100名)。
  • DVD、ビデオ、CD使用可能。
  • PCによるスライドやプレゼンテーションも可能。
  • 机、イスは倉庫に収容可能で幅広く使用できます。また、室内を2つに分割(「総合学習室」と「地域コミュニティ室」)することも可能です。

サイエンスラボ

実験や工作をはじめ、簡単な調理体験などに最適な空間。PCによるスライド上映も可能。
  • 最大40名収容可能。
  • 工作用備品、調理器具など貸し出し可能。ご相談ください。
  • PCによるスライドやプレゼンテーションも可能。
  • 顕微鏡使用や水質実験、昆虫・水生生物採取、標本作製なども可能です。事前にご相談下さい。

企画展示室

4台の移動式パネルを常備。企画展の開催にいかがですか。
  • 4台の移動式パネル設置。両面使用可能。
  • 壁面への展示も可能です。
  • 展示用三脚多数あり。必要に応じて机なども使用可能。
  • 最長で1年間の展示可能。どなたでも使用できます。

水辺の楽校いいだ

かわらんべの正面には、気軽に水辺とふれあうことができるフィールド「水辺の楽校いいだ」が広が っています。ここでは、トノサマバッタやオニヤンマ、をはじめとした様々な昆虫たちに出会えるだけでなく、カワムツやドジョウ、カエルにヤゴなどがたくさんすんでいる小川で生き物探しをしたり、フナやコイがすむ池で遊ぶことができます。
小さなお子様から大人まで水辺に親しめる場所として、かわらんべの講座フィールドとしても有効に活用しています。

  • たくさんの皆様に楽しんでもらえるよう、魚たちを育てています。つかまえた魚やザリガニなど、川の生きものは「キャッチ アンド リリース」をお願いいたします。
  • 「水辺の楽校」一帯は、地域の皆様が草刈りなどの維持管理を熱心に取り組んでくださっています。感謝の気持ちを忘れずに利用しましょう。

生きものがいっぱい!!「水辺の楽校いいだ」

小川で生きものさがし

自然体験リクエスト講座

ムシ探検

運河よければキジに出合える

カヤネズミの巣

バードウォッチングにも最適

家族や友達同士で、サイクリングを楽しんでみませんか?

かわらんべでは、無料レンタサイクルを行っております。
当日受付にお伝え頂くだけで、どなたでもご利用頂けます。※自転車は数に限りがございます。使用中の場合はご容赦下さい。

「かわらんべ」のスタッフです。どうぞよろしくお願いいたします。

館長 井上 晃男(いのうえ みつお)

多くの方にご利用いただけるよう講座の内容や広報を充実して参りますので、是非ご参加をお願いします。
春の山菜採りや秋のキノコ採りなどをします。皆さんにご教授いただきたいと思います。ニックネーム:(みなさんから募集中です)

教育担当 中村 貴俊 (なかむら たかとし)

子どもの頃、雑魚捕りやキノコ採りをした経験から、自然の中にいることが大好きで、今でも、トンボを取ったりザザムシを調べたりしています。自然の怖さ、神秘さ、そして、楽しさを皆さんと共に学んでいきたいと思います。ニックネーム:「トトじい」

事務員 加藤 富貴子 (かとう ふきこ)

かわらんべのおばちゃんです。
子ども達から“かとバァ”と呼ばれることが多くなりました。違和感なく返事を返す、自分を発見しました。歳をとったのではなく、心が成長しました。ニックネーム:かとちゃん

広報員 久保田 憲昭 (くぼた のりあき)

H24年4月から柳生さんと交代で勤務しています。水生昆虫(ザザムシ)が大好きで、魚釣りも得意です。川の生きもののことや天竜川の環境のことを、みんなに知ってもらいたくて、広報に講座に奮闘中です。ニックネーム:川にぃ

広報員 柳生 将之 (やぎゅう まさゆき)

かわらんべ講座に参加する一方で、川魚、とくにイワナの研究を続けています。皆さんといっしょに天竜川のサカナの将来を気にしつつ、仕事していきたいと思っています。ニックネーム:やぎさん

飯田市美術博物館 兼 天竜川総合学習館 学芸員

村松 武(地質専門)

四方 圭一郎(昆虫専門)

飯田市美術博物館

お気軽にお問い合わせください TEL 0265-27-6115 開館時間 9:00-17:00
入館:無料/休館日:月曜・祝日の翌日

かわらんべ講座の予定

<< 2017年9月 >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

各講座・施設利用のお申し込み

かわらんべ講座のお申し込み
リクエスト講座のお申し込み
施設利用のお申し込み
飯田市
天竜川上流河川事務所
駒ヶ根高原砂防フィールドミュージアム
国土交通省 川の防災
天竜川上流域CCTVカメラ
PAGETOP
Copyright © 天竜川総合学習館 かわらんべ All Rights Reserved.