自然体験を通じ、川に触れ川を知り、災害から身を守る知識や自然環境への理解を深める

施設案内

施設概要アクセス館内の様子施設利用案内水辺の楽校スタッフ紹介
施設名称  天竜川総合学習館(愛称:かわらんべ)
外観
写真:正面玄関

正面玄関

写真:天竜川上空より施設全景

天竜川上空より施設全景

所在地 〒399-2431 長野県飯田市川路7674番地
連絡先 TEL:0265-27-6115
FAX:0265-27-6125
開館時間 9:00~17:00
休館日 月曜日・祝日の翌日
入場料 無料
貸室利用 9:00~21:00 無料

 

主な目的
  • 防災拠点
  • 水辺の自然体験型学習、総合的な学習の場
  • 地域のコミュニティー施設
主な事業
  • 「かわらんべ講座」の実施
  • 学校の「総合的な学習の時間」への施設、プログラム、講師等の提供
  • 河川関係を中心とした図書類の閲覧
  • 施設内多目的室の貸出
  • 治水対策事業紹介パネルの展示
設立時期 2002年7月7日
施設規模
  • 延床面積 949.50㎡
  • 敷地面積 約 3.700㎡
  • 鉄骨造 2 階建
運営 天竜川総合学習館運営会議
統括 佐藤 健(一般財団法人 飯田市天竜川環境整備公社 評議員・飯田市 副市長)
委員
  • 天竜川上流河川事務所長
  • 飯田市建設部長
  • 飯田市教育委員会教育次長
  • 飯田市美術博物館副館長
  • (財)飯田市天竜川環境整備公社理事 (若干名)
  • 飯田市川路水害予防組合長
  • 飯田市PTA連合会長推薦による女性副会長 1名
  • 飯田市小中学校校長会推薦者
館長 井上晃男(一般財団法人 飯田市天竜川環境整備公社)
事務局
  • 学習館館長
  • 教育担当者(1)
  • 学芸員(3)
  • 広報員(1)
  • 事務員(1)
主要関連団体
  • 国土交通省 天竜川上流河川事務所
  • 飯田市 建設部
  • 長野県
  • (株)中部電力
所在地 〒399-2431 長野県飯田市川路7674番地
TEL:0265-27-6115
FAX:0265-27-6125
交通案内(駐車場完備)
  • 中央自動車道
    『飯田IC』より 車で約30分
  • 三遠南信自動車道(無料)
    『天龍峡IC』より 車で約5分
  • 飯田線
    『天竜峡駅』又は『川路駅』より 徒歩約10分
アクセスマップ アクセスマップ

googleマップ

アクセスマップ(k_map.pdf:662KB)

1階

エントランスホール

エントランスホール~気軽に”およりて”~

館内入口にある休憩スペースです。各種パンフ・ポスター・チラシ・新聞などから流域のイベント情報を知ることができます。講座情報や講座作品も展示していて受付では講座の申し込みもできます、壁には三六災害時と現況を対比した天竜川上流域の特大空撮写真があり、2台のモニターにより天竜川のライブ映像と天龍峡水位をリアルタイムで映していて、流域の防災情報が確認できます。

サイエンスラボ~実験・工作、調理にも最適~

理科室のように実験・観察・工作などの学習や作業をしやすい部屋です。土曜日のかわらんべ講座は主にこの部屋で開催しています。郷土料理などの調理・実食やスライド投影による講義もでき、様々な体験活動に適した部屋です。

水力発電のしくみ~発電の仕組みが遊びながらわかる~

雨を降らしてダムに水を貯め、その水を使って水力発電して観覧車を動かす、水力発電の仕組みを学ぶ装置です。雨を降らせるのはレバーの上下。がんばって何度も上下して発電できると、電気の「ありがたみ」も理解できます。

児童図書コーナー~川や生き物のことを調べてみよう~

川遊びや自由研究など川に関係した子ども向けの図書や、川の生き物の図鑑も揃っていて、川のこと・生き物のことをしらべるのに適しています。講座中は幼児の休憩場所としても利用できます。

天竜川レリーフ~天竜川の姿がよくわかる~

天竜川の源流から河口までの地形のミニチュア模型で、天竜川流域の複雑な地形がよくわかります。流域の見どころ・名所のボタンを押すとその場所が光って教えてくれます。

天竜川ミニ水族館~間近にふれあえ 子供達も大喜び~

メダカ、ドジョウ、フナ、ナマズといったおなじみの魚に加え、天竜川のウグイ・オイカワ、ヨシノボリや、エビ、カニ、貝、イモリなどの川の生き物たちを観察できます。ほかにも特定外来生物、カメ、ザリガニなど、外来種の実態を知って、むやみに移動しないことを周知する展示にも力を入れています。 ※特定外来生物は環境省など所定の許可を得て飼育しています

水防活動室~川路水害予防組合の活動拠点~

ここ飯田市川路地区は日本の水害史で未曾有の大災害となった「三六災害」(昭和36年6月)をはじめ、古来、水害に悩まされ続けてきたことから全国的にも希な民間の水防団体「川路水害予防組合」が組織されています。水防活動室は、その古い歴史を持つ当組合の活動拠点であり、室内には当組合の水防活動に関する貴重な資料が展示されています。通常は体験活動の会場などにも利用されます。

2階

総合学習室・地域コミュニティ室~会議やサークル活動などに~

30名~60名ほどの会議や講演会などの会場利用に適しています。映像・音声機器を完備し、プロジェクターでのビデオ映像投影やスライドによるプレゼンテーションによく利用されます。机・イスを倉庫に格納して100名ほどの人数にも対応できる広さがあり、分割して2室の利用もできます。

図書室~川の専門書や郷土史が豊富~

川に関する専門書や郷土史の資料が揃っていて、河川分野の蔵書数は流域でも指折り。書籍の貸出はできませんが、読書や調べごとは二つの大机が利用できます。三六災害の資料を集めた「語り継ぐ濁流の子文庫」も併設してあります。また、児童・生徒さんの学習場所としての利用にも対応しています。

ビデオ閲覧コーナー(河川図書室)

河川図書室の一角のビデオ閲覧コーナーでは、書架にあるビデオ(VHS・DVD)を無料でご覧いただけます。主に河川や環境・生物・郷土などのテーマで、子どもから大人まで誰でも楽しめるソフトが揃っています。※映像ソフトの持ち込みはご遠慮下さい

河川展示室~天竜川流域の地質や防災を学ぼう~

天竜川上流域の歴史や治水対策事業・砂防事業などをパネルにして展示しています。伊那谷の複雑な地質構造や、天竜川にまつわる伝説絵本、伝統的河川工法の模型、三六災害時の貴重なビデオ映像などもご覧いただけます。

企画展示スペース~さまざまなテーマを展示しています~

三六災害、ザザムシ、川の安全利用など、河川での自然・災害を中心とした展示を行っています。かわらんべ祭りでは講座作品展、12月には写真講座作品展も開催します。みなさまからの出展利用も可能です。

河川状況監視室~眺めは最高! 防災展示も開催~

天竜川と水辺の楽校の眺めが良くバードウォッチングにも利用されますが、洪水時には河川監視室としての機能を持った部屋です。常設のモニターでは天竜川本川・支川に設置された定点ライブカメラのリアルタイム映像を自信で選択して見ることができます。通常はパネル・映像により防災展示を開催しています。

施設利用案内

講習会・研修会や会議、NPO等の市民団体活動・サークル活動などご活用ください。施設のご利用に当たっては、一定の利用条件※を満たしていることと施設の空き状況の事前確認が必要となります。それらの調整後に下記の利用申込書に必要事項をご記入のうえお申し込み下さい。 ※政治的、宗教的および営利目的ではなく公序良俗に反しないこと

施設利用時間 9:00~21:00 (17:00以降の利用は要相談)
利用料 無料
休館日 月曜日、祝日の翌日
お申し込み方法 ①施設利用を希望される方は、電話もしくは来館いただき、当館担当者と事前に施設の空き状況等について確認をお願いします。②予約確定後に「天竜川総合学習館利用許可申請書・利用申し込み書」の記入・提出をお願いします。『天竜川総合学習館利用申し込み書』Word版 ダウンロード(40.5KB)一太郎版 ダウンロード(28.0KB)PDF版 ダウンロード(10.9KB)※館内での飲食は原則禁止です。③館内の物品等の利用を希望される方は、借用書の記入をお願いします。『借用書』(館内物品等)PDF版 ダウンロード(132KB)※利用申し込み書、借用書は当館で直接記入していただくか、FAX・電子メールにて送付ください。TEL:0265-27-6115FAX:0265-27-6125

総合学習室/地域コミュニティ室

会議や講演会、サークル活動など、多目的に使用できます。AV機器も充実。
  • 30~60名程度の広さです(机を使用しなければ最大100名程度)。
  • DVD、VHSビデオ、CDも使用可能。音声システムも完備。
  • プロジェクターによるスライド・映像などの投影ができます(PC接続:アナログRGBとHDMI)
  • 机とイスを倉庫に格納することや、パーテーションで室内を2つに分割することも可能です。

サイエンスラボ

実験や工作をはじめ、簡単な調理体験などに利用いただけます。プロジェクター投影も可能。
  • 最大40名収容可能。
  • 工作用具や調理器具なども備えています。
  • プロジェクターによるスライド・映像の投影も可能。
  • 顕微鏡も使用できます。機器利用については事前にご相談下さい。

企画展示室

4台の移動式パネルを常備。企画展などの展示開催にいかがですか。
  • 4台の移動式パネル設置。パネルの両面が使用可能。
  • 壁面への展示もできます。
  • 展示用三脚もあります。
  • 最長で1年間の展示可能。(事前に申し込みが必要です)

水辺の楽校いいだ

かわらんべの正面には、気軽に水辺とふれあうことができるフィールド「水辺の楽校いいだ」が広がっています。ここでは、トノサマバッタやオニヤンマをはじめとした様々な昆虫たちに出会えるだけでなく、ドジョウやヨシノボリ、カエルにヤゴなどの小川の生き物たちと遊ぶことができます。
小さなお子様から大人まで水辺に親しめる場所として、かわらんべの講座フィールドとしても有効に活用しています。

  • たくさんの皆様に楽しんでもらえるよう生き物たちを管理しています。つかまえた魚やザリガニなどの生き物は「キャッチ アンド リリース」(とったら 観察して 逃がしてあげる)をお願いいたします。
  • 小川の周辺には池が数箇所あります。池で遊ぶのは危険ですので、池の中には入らないようお願いします。また、池ではメダカなどの生き物をとることは禁止しています。
  • 「水辺の楽校」一帯は、地域の方々が草刈りなどの維持管理作業に取り組んでおられます。感謝の気持ちを忘れずに利用しましょう。

生きものがいっぱい!!「水辺の楽校いいだ」

小川で生きものさがし

自然体験リクエスト講座

ヤナギの林でムシさがし

草原にはキジもすんでいます

カヤネズミの巣も見つかります

バードウォッチングにも最適

家族や友達同士で、サイクリングを楽しんでみませんか?

かわらんべでは、無料レンタサイクルを行っております。
当日受付で必要事項を記入いただくだけで、どなたでもご利用頂けます。※自転車は数に限りがございます。使用中の場合はご容赦下さい。

「かわらんべ」のスタッフです。どうぞよろしくお願いいたします。

館長 井上 晃男(いのうえ みつお)

多くの方にご利用いただけるよう講座の内容や広報を充実して参りますので、是非ご参加をお願いします。
春の山菜採りや秋のキノコ採りなどをします。皆さんにご教授いただきたいと思います。ニックネーム:(みなさんから募集中です)

教育担当 中村 貴俊 (なかむら たかとし)

子どもの頃、雑魚捕りやキノコ採りをした経験から、自然の中にいることが大好きで、今でも、トンボを取ったりザザムシを調べたりしています。自然の怖さ、神秘さ、そして、楽しさを皆さんと共に学んでいきたいと思います。ニックネーム:「トトじい」

事務員 加藤 富貴子 (かとう ふきこ)

かわらんべのおばちゃんです。
子ども達から“かとバァ”と呼ばれることが多くなりました。違和感なく返事を返す、自分を発見しました。歳をとったのではなく、心が成長しました。ニックネーム:かとちゃん

広報員 久保田 憲昭 (くぼた のりあき)

H24年4月から柳生さんと交代で勤務しています。水生昆虫(ザザムシ)が大好きで、魚釣りも得意です。川の生きもののことや天竜川の環境のことを、みんなに知ってもらいたくて、広報に講座に奮闘中です。ニックネーム:川にぃ

広報員 柳生 将之 (やぎゅう まさゆき)

かわらんべ講座に参加する一方で、川魚、とくにイワナの研究を続けています。皆さんといっしょに天竜川のサカナの将来を気にしつつ、仕事していきたいと思っています。ニックネーム:やぎさん

飯田市美術博物館 兼 天竜川総合学習館 学芸員

村松 武(地質専門)

四方 圭一郎(昆虫専門)

飯田市美術博物館

お気軽にお問い合わせください TEL 0265-27-6115 開館時間 9:00-17:00
入館:無料/休館日:月曜・祝日の翌日

かわらんべ講座の予定

<< 2018年9月 >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

各講座・施設利用のお申し込み

かわらんべ講座のお申し込み
リクエスト講座のお申し込み
施設利用のお申し込み
飯田市
天竜川上流河川事務所
駒ヶ根高原砂防フィールドミュージアム
国土交通省 川の防災
天竜川上流域CCTVカメラ
PAGETOP
Copyright © 天竜川総合学習館 かわらんべ All Rights Reserved.