日時 令和3年10月16日(土) 9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 19名(運営協力員を含む)

季節ごとにかわらんべ周辺にやってくる
野鳥たちを探して観察するこの講座。
天竜川の堤防を歩きながら
鳴き声を聴いたり、姿をさがしたりしました。
かわらんべ周辺にこの時期だけやってくる
ノビタキをじっくり観察できたことが
印象に残りましたね。

最初は双眼鏡やスコープを使って鳥さがしの練習。これがうまく使えると観察が楽しくなります。

天竜川が見えるところまでやって来ました。ここは天竜川周辺にやってくる野鳥を観察しやすくて良い場所です。

川に続く斜面の草地を野鳥が行き来しています。オギにとまった鳥を観察しています。

どこにいるかわかりますか? 肉眼で見るとこんな感じです。写真のオギの穂の近くにいますね。「観察してください」とばかりに姿を見せています。

見つかった野鳥はノビタキです。かわらんべ周辺では、この時期でしか見ることができない、まさに秋を代表する鳥です。

今日は天気が良くて風も無いので鳥の動きが良いようです。いろんな場所に野鳥がいて活発に飛び回っていました。

今日の観察で、どれだけ野鳥を覚えられたかな? <野鳥クイズ>スコープで見えている鳥の種類当てのクイズです。「正解!」と先生も満足そう。

講座の終点の留々女沢川にカワセミがいました。こちらの姿に気づいたカワセミは上流へ逃げて留まったところをスコープで観察。

かわらんべに戻って「鳥合わせ」 見つかった鳥を記録しています。秋の鳥たち:ノビタキやモズに会えて良かったね。