日時 令和3年7月24日(土) 9:00~11:00/13:30~15:30
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 52/25名(運営協力員を含む)

「飯ごう」でご飯を炊くことなんて
今では野外キャンプでもほとんど見かけません。
昔は小学校の学習の一つだったのですが。
焚火でご飯を炊くことから いろんなことが学べて
いざという時にも役立ちます。
日常生活では得られない こうした体験は
現代の親子にとっては とても大事なものだと
写真の姿からも感じることができると思います。

飯ごうにお米を入れて研いだあと、目印の位置まで水を入れます(飯ごうには2合と4合の水位の目印があります)

 

飯ごう炊さんの会場:水辺の楽校「カッパの基地」にやってきました

 

はじめは かまどの火起こし 薪集めはみんなで協力

 

かまどに点火 薪に火がついて一安心です

 

いい調子で火力が上がってきました

 

火が落ち着いてきたので飯ごうを焚火にかけます いい感じです

 

炊きあがりまで待ちます 上手く炊けるかな 待ち遠しさが伝わります

 

炊きあがりました うまく炊けています ご飯の粒が輝いています

 

完璧ですね 炊飯器で炊いたご飯より良いかも