日時 令和3年7月10日(土) 9:00~10:00/13:30~14:30
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 56/43 名(運営協力員を含む)

待望の梅雨の晴れ間に

親子でジャガイモの収穫を楽しみました。

今日は それだけではありません、

収穫のあとはサツマイモの苗植え。

秋の焼き芋に向け

サツマイモが美味しく実るよう願って

蒸し暑さに負けず予定の全てを植え切りました。

ジャガイモの木(地上の茎や葉)は枯れて見えなくなっていますが、茎の部分をスコップで掘ってみるとジャガイモが出てきました。

柔らかい土の中からコロコロ出てくるクリーム色のイモ。かくれてるものを掘り出す宝探しのようで、イモの収穫って楽しいですね。

無心になって掘り進んでしまいます。ついには自分でスコップを使って掘りはじめました。

しかし、毎日雨で水分が多いので、こんな時のイモは保存がききません。全部収穫せずに、今日はみんなの家庭ですぐに食べる分だけ掘りました。

イモの収穫のあとはサツマイモの苗植えです。4月のジャガイモ植えの講座では「イモ」を植えたのに、サツマイモは「葉のついた茎」を植えます。同じイモなのに ずいぶん違いますね。

しかもサツマイモの苗を横に寝かせて植えます。植物は立てていたほうが自然な感じがしますが、サツマイモの場合は寝かした茎の土にふれている部分から根が伸びて、その先端にイモが生長しますので、寝ていた方が良いのです。

サツマイモのイモは根がふくらんだもので、ジャガイモのイモは茎。こんなちがいも感じながら栽培体験ができると、食事の時の野菜のことにも興味も広がります。

午後のみなさんは午前中よりも暑い中でしたが、予定したサツマイモ植えを全て完了しました。

さいごに、収穫のお礼に雑草ぬきをしてくれました。みなさん おつかれさまでした