日時 令和3年4月3日(土) 9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 55名(運営協力員を含む)

令和3年度 最初の土曜日講座は

いつもジャガイモ植えからスタートします。

昨年は臨時休館で開催できませんでしたが

今年は感染予防対策で実施できました。

水辺の楽校の会場はいい天気に恵まれ

子供たちは種イモ植えとともに

「土いじり」も楽しみました。

ここが会場です。ジャガイモは種をまくのではなく、種イモを植えます。イモのへこみから芽が出ているのを見たことありますよね。これが伸びて成長し、新しいイモがたくさんつきます。

今年は5種類の種イモを準備しました。その違いは、収穫の時のお楽しみ。

等間隔で種イモを置いていきます。

だいぶ作業が進みました。種イモがきれいに並んでいます。

イモの間に肥料をやります。この肥料が効いてイモが大きくなれば、収穫の時の喜びも大きくなります。

白くて丸いのが散らばっていますが、これは肥料ではありません。桜の花びらです。今年も季節の進みが早いですね。ちなみに、イモの芽の方もこんなに良く伸びています。

次に畝(うね)の土をイモにかけていきます。農具を使うのも初めてでしょうか。使い方を習いながら子供もやってみます。こうした体験が大事なんでしょうね。

この子は一人でやっています。しかも いい感じの手つきですね。

ジャガイモ植えの作業が終わりました。しかし収穫までに雑草とりなどの手入れが続きます。毎週の講座の後で手入れも手伝って、収穫の喜びを大きくしましょう!