日時 令和3年2月27日(土) 9:00~10:30
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 29名(運営協力員を含む)

冬から春に元気な昆虫:カワゲラを

早春の天竜川でさがしました。

天竜川に到着して開始早々、

もうヤメようかと思うような北風の強風でしたが

さすが、かわらんべ講座の子ども達。

大型カワゲラを5種類も見つけて

しっかり川を楽しむことができました。

ちなみに、アイキャッチ画像の絵画は

カワゲラがとれて喜ぶ女の子画伯

今日の活動場所はかわらんべの正面の天竜川です。対岸が あの「死人岩」。今日の水は透明でとてもキレイです。

カワゲラさがしに開始。川に入ってアミで生き物とりをするのは9月以来のことです。

石の多い浅瀬の場所なので小さな子でも川岸でとれます。

すぐにいろんな川虫が見つかります。たくさん見つかるので、だんだん楽しくなってくるようです。

北風が強くて、非常に厳しい状況でしたが、いつの間にか寒さを忘れて川虫とりに没頭していました。

つかまえた川虫からカワゲラを見つけ出して、カワゲラの種類ごとにバットに入れていきます。他の種類と同じくらいカワゲラは普通に見つかります。

みんなの採集成果です。大きなカワゲラは5種類も見つかりました。今日は匹数を数えるのは止めましたが、匹数の多さは実感していただけたようです。

黒太文字の名前の種類が今日見つかりました。最近天竜川で増えはじめたキカワゲラ類や、この場所では初めて見つかったオオヤマカワゲラなど、大勢で調べるとこんな種類も見つかります。

この季節に川虫の多いことに、みなさん驚いていているようでした。こんな季節に川で生き物をさがすのも川の姿を知る上で大事なことです。川の生き物への興味がさらに深まったことでしょう。