日時 令和元年11月9日(土) 9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 104名

秋の味覚サツマイモ。
収穫も楽しいサツマイモ。
その収穫と味覚を同時に楽しみました。
焚き火をしながら、のんびり焼き上がりを待ち、
できたての焼イモの味をその場で堪能。
天気も良くて
楽しい収穫体験になりました。

7月6日の講座で植えたサツマイモ。秋が深まったこの季節に収穫の時期をむかえました。

イモのツルをつかんで、力一杯ひっぱりますが、大きく育ったイモは簡単には抜けません。

イモを傷つけないように、まわりの土を掘ってから、もう一度、力一杯引き抜くと・・・

やっとイモが抜けました。持ち上げると、いくつもイモがついていました。重そうだね。

大きなイモを掘り当てて満足のようす。今年はいいイモが多く実っていました。

中には、まん丸で、みんなの顔の大きさほどのイモもありました。こんなイモが出てくると楽しいよね。

収穫したイモをみんなで分けた後、焼きイモ用の1本を準備して、焚き火を始めました。焚き火をしたことがない人も、まわりの協力をえて、イモの投入までこぎつけました。

焚き火の「おき」の中に置いて待つこと20分ほど。おいしそうな焼イモができあがりました。割ってみると中は黄金色です。

その美味しさが表情から伝わります。風のない良い天気で、収穫と焼イモづくり、楽しかったね。