日時 平成31年4月13日(土) 9:00~11:00
講師 信州野鳥の会:柏木さん・佐々木さん
参加人数 45名

春らしい良い天気になりました。
天竜川の堤防でのんびり野鳥さがし。
なぜか野鳥は少なかったのですが
水辺には大きめのサギ類がいて
上空にはツバメが忙しく飛んでいました。
少し待っているとノスリも現れ、
全部で21種の野鳥が見つかりました。

はじめは、いつものように双眼鏡の使い方を習います。野鳥の種類をシッカリと確認するのに、これはとても大事なことです。

双眼鏡ののぞき方を練習しているあいだにも、野鳥は姿をあらわしました。

今日は良い天気ですが、野鳥があまり見つかりません。鳥が姿をあらわすのを、のんびりと待ちます。

天竜川の近くには大きな白い鳥がいます。サギの仲間です。川での野鳥さがしでは、サギの仲間は解りやすくていいですね。

そうしていると、上空にいつものノスリが現れました。みんな一斉に見上げてノスリを探します。

「ノスリってどんな鳥?」 先生に教えてもらいます。図鑑でみると特徴が明確です。また空を見ると、すでにノスリは飛び去っていました。

のんびり堤防を歩いて鳥や自然観察。を楽しみました。

館内に戻ってきてからは、いつものように見つけた鳥の種類をみんなで確認します。21種類はやや少なかったですが、野歩きが心地よい日でした。