日時 令和2年1月24日(金) 18:30~20:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 14名

冬は星がキレイに見える季節。

西の空に最初に見えてくる一番星の金星や

明るく輝く一等星、

国際宇宙ステーションなど、

寒いけど、どれもよく見えます。

良く見える星を最初に覚えると

星座や宇宙にも興味がわいてきます。

いつものように、外が暗くなるまで星の勉強から。

この時期、まっさきに西の空で光りはじめる金星ですが、季節がちがえば見え方もちがうことを学んでいます。

難しいことも、保護者のみなさんと一緒に学習。

いよいよ、外へ出て星を観察。子供たちは天体望遠鏡でのぞいて見るのが楽しみなようで、順番の列ができます。肉眼でもうっすら見えるけど、望遠鏡で見るとカタチがよく見えます。

星への興味が広がった人は、かわらんべの講座や飯田市美術博物館のプラネタリウムに行ってみよう!