日時 令和2年1月18日(土) 9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 52名

昔ながらの和風の室内置型ライトが「あんどん」です。

和紙を通して広がる柔らかい光に いやされます。

LEDの青白く冷たい光が全盛の時代ですが、

手作りあんどんの優しい光は

日々の忙しさを忘れさせてくれそうです。

毎晩、枕もとで灯してみてください。

今回は、電球を取り付ける土台の部分も自作します。小さな子も作ります。

さすが高学年、作るのが早いね。電池を入れて確認します。電球を点灯させるとこんな感じ。

つづいて胴筒の部分の飾りを作ります。和紙に押葉・押花を貼って飾ります。内側から光を当てた時のことを考えながらデザインしています。

直接 絵を描く子もいました。好みは人それぞれ。

飾りをフレームに貼り付けて、土台の部分と組み合わせると完成です。できあがった作品を見せてもらいました。

それぞれに工夫が見られます。

完成したら点灯して工夫した絵柄の完成度を確認します。ワクワクする瞬間です。

いい感じに光っていますね。胴筒に貼ったこの和紙は10月26日の講座で紅葉をすき込んで作った和紙ですね。和紙のあんどんは味わい深い光を放ちますね。

会場の照明を消して、全員のあんどんの光を浮かび上がらせました。今晩、枕もとで点灯する楽しみができましたね。