日時 平成30年12月8日(土) 9:00~12:00
講師 清水勝弘さん(天龍峡そばの郷 農耕百花)
参加人数 20組61名

ソバ打ち体験講座復活。
昨年の講座で「今年限り」と広報しましたが
ソバ打ち名人のご厚意で今年も開催できました。
初めて体験の組も多かったのですが
どの組もソバらしいソバに仕上がっていました。
味も良かったらしく、
誰に聞いても「おいしかった」
自分で作ったソバは格別のようでした。

そば打ち名人による打ち方講習。今回は初めての組も多いうえに、小さな子どもたちも多いので、お手伝いの協力員のみなさんも大勢です。

水は段階的に少しずつ加えます。水を入れたらすぐに混ぜます。最初はみんな勢いよく混ぜていました。

混ぜるの楽しそう だけど、手を休めずに続けるのは けっこう大変。続けていたら小さなダンゴになってきました。がんばれ、もうすぐ大ダンゴになります。

大きなダンゴになったら力を入れて練ります。名人のやり方をよく見ておいて自分たちで練りました。

力が入っていますね。全力でがんばっています。これぞソバ打ちという姿です。

次はダンゴを伸ばす作業。薄く広く伸ばしていきます。これも楽しそうな作業ですが、均一にするのには技術がいります。

そして最後の仕上げの切る作業。小さな子はあぶないので見ているだけでしたが、大きな子どもたちは切るのも体験しました。

高学年になるとこのとおり。ほぼ一人で完成させました。切り方も上手ですね。

打ちたてのソバを名人がその場で茹でてくれました。協力員さんが準備してくれた「おつゆ」と「かわらんべ大根」などの薬味で「かけそば」にして家族で楽しみました。