日時 平成30年9月29日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 14名

川の「イモムシ」トビケラの
巣を作る種類は「ミノムシ」そっくり。
そんなトビケラを見つけ出し
不思議な巣を観察してスケッチ。
川の生きものってオモシロイ姿ですね。

はじめに「トビケラ クイズ」 あまり知られていない生きものなので、ムズカシかったかな?

これはエグリトビケラの赤ちゃん

雨で川へは行けないので、事前に採集しておいたサンプルからトビケラを探します

日本一大きなトビケラの【ムラサキトビケラ】 落ち葉の筒に入ってます 大きなミノムシみたい

水生昆虫は小さな種類が多いので、見つけ出すのも大変 でもそれがオモシロイ

見つけたトビケラを顕微鏡で観察すると、幼虫は地味なイモムシだけど、巣の精巧な造りに驚き

特徴をスケッチしています 顕微鏡を見ながら特徴を細かく描いています

いろんな水生昆虫の特徴を描いてくれました 色・形・大きさ・動きなど、よく観察できています

巣の中で生活するトビケラを観察  「けなげな姿」に 知らず知らずのうちに見入ってしまいます