日時 平成30年8月15日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 19名

今週も雨です。
雨なので室内中心の活動の予定でしたが
みんな池に行く気満々。
はじめに座学、池の生き物に触れて学習し、
雨が上がったタイミングで
全員が池で生き物とりを楽しみました。

ウシガエルの駆除がほぼ完了して
池に来るウシガエルはいなくなったので
安心していましたが、実は、
この講座の数日前に池で準備をしていて
見つけてしまいました。
ウシガエルのオタマジャクシ。

このため、
この講座の隠しテーマは「ウシガエル退治」
参加者には当日まで内緒にしていました。
あわせて、ゲンゴロウやコオイムシなどの
池の最強ハンターたちもさがして
池の生き物のことに詳しくなることが ねらいです。

最近の雨続きで、池の水が多くて
池の最強ハンターとりには難しい条件でしたが
ザリガニは結構とれて外来種退治は進みました。
天気は良くなかったのですが
生き物とりもできて、
大きなオタマジャクシの実物を見て触ったり
珍しいトンボが飛んできたり
みんな満足そうでした。

来年は早期から親ガエルの襲来に警戒です。

かわらんべの池の生き物学習 絶滅危惧種のイシガメも見つかりましたが 今回問題も発覚

池の最強ハンターのゲンゴロウやコオイムシの実物をさわっていると、雨だけど「池に行こう!」 みんな元気です

運良く雨が上がりました 希望者だけを連れて行くはずが、全員が池に集合

池の最強ハンターのいそうな場所を確認 とりにくいけど、この水生植物が大事

いろんな生き物が集まり始めました みんなで種類ごとに分けます

中にはウシガエルのオタマジャクシも それにしても大きいですね 後ろ肢もありました

雨続きで池の水位が高くて最強ハンターをとるには難しい条件でしたが、エビやザリガニ、ヤゴがとれて満足

仕掛けていたアミを上げるとウシガエルのオタマジャクシが何匹も(このアミは一般の川や池では使用禁止漁具です)

隠しテーマの外来種退治 ザリガニは小川へ退去させ、ウシガエルは、かわいそうだけど殺処分