日時 平成30年8月4日(土)9:00~11:30
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 20名

8月は夏の川を楽しむ講座が目白押し。
1回目は「川のぼり」。
いつもの久米川を上流に向かって探検します。

単純に見える川でも姿はいろいろ。
いろんな生き物をとったり、
川底をのぞいてみたりしながら
上流を目指します。
樹木に囲まれた場所を抜けると
今度は大きなブロックの間の深くて急な流れ。
その先に めざす滝(堰堤)がありました。
滝の下の淵は水中メガネをつけて泳ぐのに最適。
思いっきり泳いだあと みんなで記念撮影。

川って
少し さかのぼっただけでも
ずいぶん上まで のぼった気になるし
陸を移動するより とても疲れます。
川のことを良く知るうえで
これも大事な体験です。

今日の活動は
ライフジャケット(救命胴衣)をつけて
万全な装備と、事前の下調べで運営しました。
知らない川で不十分な装備だと
水難事故につながりますので
安易な川遊びにはご注意ください。

久米川の「川のぼり」 出発です

川底で なにかを発見!

最大の川虫:ヘビトンボでした

持ってきたアミでガサガサやると

今度はカマツカ 間のびした顔がカワイイ魚です

深くて狭い場所ものぼります アドベンチャーらしくなってきました

終点の滝(のような堰堤) 泳ぐと楽しい!

のぼりきって記念撮影

帰り道は疲労感 かなりのぼったように感じたけど意外に近かった!