日時 平成30年6月30日(土)午前9:00~11:00 午後13:30~15:30
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 午前:53名 午後:65名

メダカは人気の生き物ですね。
今年も午前・午後で大勢参加いただきました。
自分で飼育用の水そうを作って、
その中に入れるメダカをとりました。
今年のメダカは動きが素早くて
しかも水生植物のかげに逃げ込んで
なかなかつかまえられません。
それでも一人3匹はとれたのかな?
持ち帰りの3匹だけ選んで
あとは池に逃がしてあげました。

メダカを飼うのはむずかしくないですが
カワイがりすぎには要注意。

それから、飼えなくなっても
やたらに逃がすのもダメです。
生き物飼育は、責任もって最後まで。

【注】
この講座以外で池に入ることを禁止しています。その理由は、学習材料のメダカを守ることだけではなく、池での水難事故を未然に防ぐためです。今回の講座では池の水を浅くして活動しましたが、通常はもっと深いです。泥も深いので、足がはまると大人でも抜け出せなくなり、大変に危険です。

メダカの飼育水そう作りからスタート

今日だけ池の中に入ってメダカとり 【注】講座以外で池に入るのは禁止しています

今年のメダカは動きが早くてつかまえるのも一苦労

池の小さな生き物のモツゴやエビやユスリカもとれます

池の泥に足をとられて泥だらけ その様子はしっかりカメラに撮られていました

とったメダカの中から3匹だけ選び出します オス・メスの区別もしました

とったメダカを水そうに入れてあげます

新しいすみかを気に入ってくれるかな?