日時 平成30年6月3日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 23名

毎年、6月第一週の日曜日は
水質の全国一斉調査の日。
かわらんべは今年も参加で、連続9年目です。
天竜川とかわらんべの小川で水をとって
CODという項目をパックテストで分析しました。
CODは水中の小さなゴミの量の目安。
少なければ水質が良いことを教えてくれます。

参加者の子どもたち全員が
保護者のみなさんと協力して、
まずはパックテストの分析の練習をしてから
天竜川の水・小川の水を分析。
天竜川はデータがバラついて【?】
小川は比較的水質の良い【3】でした。

パックテストの分析に慣れたところで
正体不明の6つの水を分析。
中身は、諏訪湖・天竜川伊那・久米川に
松川水道水源・水道水、
そしてザリガニの水そうの水まで。
みんなの感想には、
「クイズみたいで楽しかった」
一方で、「ザリガニの水はやめてほしい」
ザリガニを分析したみなさん
ゴメンナサイ。

【注】
天竜川のデータが予想外にバラついたので
午後にもう一度、少し上流側ではかり直しました。
その数値が【 2 】 良好な水質を示す数値でした。
来年にむけて、採水方法・場所など、
見直しの必要性も把握できました。

天竜川で採水 見た目には 水はとてもキレイでした

パックテストで分析します

川の水をキットですい上げ

一定時間で出た色を見くらべて

結果がでました

全員の結果を発表!

次は あやしい6つの水を選び 全員で分析しました

みんなの分析結果 予想外に正確で 主催者オドロキました