日時 平成30年5月26日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 35名

生きものとりと工作を同時に楽しむこの講座。
いろんな生きものたちを描くには
ジックリ観察しなければなりません。
それが大事なことなんです。
水辺の楽校の小川でとった生きものを
水そうに入れて観察すると
創作のイメージも湧いてきます。
ドジョウ・メダカ・ザリガニなど
様々な生きものを作って
水中をイメージした背景に飾ると
それは まさに水族館。
自分の好みの生きものたちと
いつでも出会える水族館です。
今まで以上に 魚たちと仲良くなれそうだね。

水辺の楽校で水中の生きものとりからスタート

ねらいどころは水際の植物 アミでガサガサすると「サカナだ!」

魚だけじゃありません ザリガニや貝やヤゴも見つかりました

お気に入りの生きものをジックリと観察

観察した生きものの姿をカラーボードに描き写して、切り出して

観察した一つ一つが水族館の材料になります

背景の水中に魚たちを飾りつけて このとおり 水族館が完成!

自慢の作品を見せてくれました

好みの生きものたちと いつでも出会える水族館だね