日時 平成30年5月13日(土)①体験8:30~10:30 ②学習11:00~12:00
講師 ①体験:下伊那漁業協同組合のインストラクターさん:6名  ②学習:かわらんべスタッフ
参加人数 ①36名 ②33名

この講座、カワムツやアブラハヤなどの「ハヤ」を釣る予定でしたが
「どうせなら渓流魚の釣りを楽しんでほしい」と
漁協さんにアマゴをご提供いただき
嬉しいことにアマゴ釣りができることになりました。
変更は他にも
天気の変化を予測して、開始時間を早め、
さらに、前半を釣り体験、後半を学習に変更しました。

釣りが初めての参加者親子が何組かいましたが
インストラクターさんに仕掛け作りや釣り方を教えてもらいながら
元気なアマゴをいくつも釣り上げることができました
1時間ほどで全員が満足するほど釣れたので
雨がポツリと来たところで急いで終了。
かわらんべに戻って川のことや釣りのことの学習をしました。
大人のみなさんはお疲れ気味でしたが
意外にも 子どもたちは とても元気で
三六災害のことや川遊び、遊漁規則のムズカシイ話でも
いろんな質問や意見が飛び出して
関心の高さがうかがえました。

夕食のアマゴ塩焼きは美味しかったかな?

雨が近づいてきたので計画変更 釣り体験を先にやります

はじめに仕掛け作り インストラクターさんに教えてもらいながら作ってみました

道具の扱いや 釣りで大事なことも学びます

下伊那漁協さんのご厚意で渓流魚のアマゴ釣りを楽しみます

さっそく魚がかかった!

元気なアマゴが飛び出してきました

魚のアタリや引きに慣れてきて、竿さばきがサマになっています

親子で協力して釣り上げた最初の一匹は格別

満足感が伝わる いい笑顔ですね

雨が降り始めたので、かわらんべに移動して川の防災・安全利用や釣りのルールの室内学習