日時 平成30年4月14日(土)9:00~11:00
講師 信州野鳥の会:中島さん・佐々木さん
参加人数 15名

春の訪れの早い天竜川の河川敷で
野鳥をさがしました。
水辺にはエサの小魚を探すサギの仲間や
群れで羽を休めるカワウがいて、
草原ではキジが姿を見せ
上空でヒバリが鳴いていました。
盛り上がったのが鳥クイズ。
先生がフィールドスコープの視野に鳥を入れ
その鳥の種類をみんなで当てました。

こうして見つかった鳥の種類は26種。
毎年、ほぼ同じ種類数です。
その中でもヒレンジャクは
今年の大きな特徴。
毎年見られる鳥ではありません。
今年の冬には かわらんべ周辺に大群が来て
まだ少数が残っているようです。
キリッとした姿と尾羽先端の鮮やかな赤色が
観察できて幸運でした。

双眼鏡の扱いに慣れたら鳥さがし

天竜川のいつもの場所でジックリ観察

河川敷では伸びた草のかげに鳥たちが見え・かくれ

水辺で休む鳥たちは さがしやすいですね

いいですね これぞフィールドサイエンスです

スコープの中に見えている鳥はどれでしょう?

鳥クイズで盛り上がっています