日時 平成31年3月23日(土) 9:00~12:00
講師 かわらんべ協力員
参加人数 174名

かわらんべの年度最後の講座「草もち作り」。
北風の寒い日でしたが大勢参加いただきました。
地域のみなさん・協力員さん・スタッフ全員で
今年度の講座の打ち上げです。
臼と杵のお餅つきも良い体験ですが、
自分でついたお餅の味は格別。
みなさん、おつかれさまでした。

かわらんべ周辺の天竜川の河川敷は伊那谷の中でも春の訪れの早い場所。ヤナギの新芽で樹冠は淡い緑、地面もヨモギの芽生えで春霞のような緑に。

ご覧のとおり、ヨモギは大きく育っていました。参加者全員でヨモギを摘み取って、選別・水洗いまで参加者自身が行って草もちの準備完了。

餅つきの準備も進んでいました。セイロでモチ米を蒸しています。火たきが気になる子、炊けたモチ米が気になる子、いろんな楽しめる要素があります。

子どもたち待望の餅つき開始。熟達者の地域のみなさんがサポートしてくれます。

保護者のみなさんと一緒に。楽しそうですね。

ひょっとして保護者のみなさんの方が楽しい?

そうしてツキあがった三色のお餅にあんこ・きな粉などをのせてくれるのが講座常連の高学年の子どもたち。ここでもシッカリ働いてくれました。

お餅が冷えて硬くなる前に家族毎に「いただきます」。大勢でつくって・食べるとオイシイですね。おかわりする子もいました。

草もちを食べながら、年度内の講座参加の多かった子どもたちの表彰式も行いました。最多の子は、ほぼ毎週参加の49回参加でした。保護者のみなさんにも感謝です。