日時 平成29年12月2日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
機材協力 ミナト光学工業株式会社
参加人数 32名

目に見えないような小さなものも
顕微鏡で拡大してみると
とても不思議な姿にオドロキます。
今回は2種類の顕微鏡を使って
ミクロの世界を楽しみました。

自分で持ってきた「見たいもの」を手始めに、
塩や砂糖の結晶に、小麦粉の粒子。
川の水や泥からは
動きのはやいワムシなどの原生動物や
卵を抱えたケンミジンコも出現。
見つけたオドロキを
接眼レンズにデジカメを据え付けて
写真撮影で記録しました。
目に見えない小さな世界に
自分も入り込んだようで
日常を忘れる ひとときでした。

今回は、近くのミナト光学さんに
自社製のカッコイイ顕微鏡をたくさんお借りしました。
ご協力ありがとうございました。

目に見えなくても小さな生き物はいます

小さな子も保護者と一緒に観察

双眼実体顕微鏡と生物顕微鏡の2種類で観察

見つけたのは どの生き物か 観察した特徴から調べます

参加者の小学生が見つけて撮影したケンミジンコ (小学生とは思えない技術!)

ミナト光学さん、顕微鏡をたくさん貸してくれて ありがとうございました