日時 平成29年10月21日(土) 9:00~11:00
講師 信州野鳥の会:柏木隆宏・中島拓人
参加人数 21名

秋雨前線が停滞して
毎日のように雨がちの天気が続いています。
今日の講座も、開始まもなく雨が降りはじめ
途中で館内に戻ってきました。
それでも、例年のこの時期の種類数とほぼ同程度の
18種類の野鳥に会うことができました。

短時間でしたが大きな収穫もありました。
天竜川を見渡せる堤防で野鳥をさがしていると、
ワシタカの仲間:猛禽類のミサゴが
上流からゆうゆうと飛んできました。
猛禽類にしては珍しく、魚を狩る種類で、
天竜川とは関わりの深い種類と言えそうです。
かわらんべ講座の探鳥会では
ほとんど出てこないこの種類ですが、
これからも時々姿を見せてくれるといいですね。

かわらんべの正面でイカルの鳴声が聞こえてきました

見つけた鳥をすぐ図鑑で確認

天竜川の上流から大きな鳥がやってきます

魚食性の猛禽類のミサゴでした

雨が降りはじめたので かわらんべに戻って見つけた鳥の確認

今日見つけた珍しい鳥や、色や羽のことを教えてもらいました