日時 平成29年9月30日(土) 9:00~11:00
講師 四方圭一郎(飯田市美術博物館)
参加人数 23名

秋を告げる虫といえば
赤トンボに草原で鳴く虫たち。
かわらんべの正面の草原でも
ササキリの鳴き声が控えめに響く季節となりました。
運動会シーズンのこの時期に
虫と一緒の競技会を開催しました。

バッタの写真やクイズで楽しんだあと、
草原に出てバッタとり。
今回はバッタ飛ばしはやめて
種類さがしの競技に熱くなりました。
でも、さがして走り回るだけではダメ。
種類ごとにすむ環境がちがうことに気づくと
たくさんの種類を見つけることができます。

種類さがし競技の結果、
今年少ないトノサマバッタをとった子が今回の1位でした。
みんな夢中でバッタをさがし
今まで以上に虫と仲良くなれたかな?

どこにバッタがかくれているでしょうか? バッタのクイズで映像に集中

さがすのは これらの種類。特徴をよく聞きます。

競技開始 バッタをさがして草原を駆け回ります

つかまえた!

こっちでも つかまえたようです

今年は希少なトノサマバッタもとりました

先生と一緒に虫の名前を調べて得点を記録

バッタとり 楽しかったね!