日時 平成29年7月22日(土) 9:00~12:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 67名

自分で火をおこして
「飯ごう」でご飯を炊いて食べるのが
「飯ごう炊さん」
今では貴重な野外体験活動の一つです。

ただ、楽しむだけでなく、
炊飯の基本を知り、火のたき方や
みんなで協力して炊きあげること、
さらに災害避難時や野外でのサバイバルでも
知っておくと役立つ知識として
この活動はオススメです。

火をおこすことは不慣れなようでしたが
火にかけてから20~30分後、
基地は香ばしさにつつまれ、
炊き上がりの頃合い。
お焦げができたグループもありました。
でも、それが飯ごう炊飯の良いところ。
炊飯器では味わえません。
協力員さんが作ってくれたカレーをかけて
基地で「いただきます」。
おいしかったようで、おかわり多数。
基地で遊んで一足早い夏休み気分でした。

基地の「かまど」で火をたく準備

煙ばかりで なかなか火が着きません

火力安定 飯ごうを火にかけます

うまく炊けているか気になります

待ち時間に基地で木のぼりあそび

うまくできた! の瞬間

カレーの材料は大部分が「かわらんべ産」

みんなで作ったカレーライスを野外で食べるうれしさ