日時 平成29年6月17日(土) 9:00~11:30
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 98名

かわらんべの周りに大きな桑(クワ)の木がたくさん生えているのを知っていますか?

昭和の時代、養蚕が盛んなだった頃、かわらんべある飯田市川路周辺は天竜川沿いの一帯に桑の木が栽培されていてその見事な景観と生産量の多さから「日本三大桑園」の一つに数えられていました。

今は養蚕の衰退によってその面影もありませんがかわらんべ正面の水辺の楽校には、そのころの桑の木がまだ残っています。

桑の木といえば、その葉はお蚕様のエサですが初夏に実る甘い「つなみ」(桑の実の方言)が子どもたちの「おやつ」、口の周りが紫色になるまで食べた思い出が誰にも一度や二度はあることでしょう。

そんな身近な自然の恵みをいただく体験は、子どもとって、とても大事なことだと思います。

ジャムもおいしいけど、木に実った「つなみ」を見つけて、とって食べた味はずっと記憶に残ることでしょう。