日時 平成28年9月10日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 38名

メダカやザリガニとならんでサワガニという生き物はなぜか人気がありますね。

「サワ」という名が示すとおり、
山から流れてくる小さな流れの「沢」に主にすんでいて「きれいな水」の場所を好みます。

今回は「ねぎや沢」というかわらんべ横を流れる沢を会場にして、
室内で飼育用のケースを作ってから、ねぎや沢の上流まで歩き、
飼育するサワガニを自分で採集しました。

会場に着くと、上からのぞいて見ただけでもサワガニの姿がちらほら。

川に降りて石をや落ち葉を動かすと、あちこちから大小様々なサワガニが歩き出てきました。

中にはお腹に卵や赤ちゃんガニを抱えた親ガニまで見つかりましたが、
観察して元に戻してあげました。

小さな子でもたくさんのカニをつかまえることができて大喜びの様子でした。

飼育用に2・3匹だけケースに入れて、
あとは川に逃がし、みんな大満足してかわらんべまで戻りました。

サワガニは飼育のしやすい生き物で、たいした飼育装置がなくても
一年以上も飼育し続けることができます。

温度や水質、エサのやり過ぎや可愛がり過ぎに注意して、
長く飼ってあげてください。

まず飼育用の入れ物を作って準備

歩いて「ねぎや沢」の上流に向かいました

「持ち帰るのは2~3匹で他は逃がすように」

ハシゴで川に降りてサワガニさがし

水は少ないけどサワガニはたくさんいます

小さな子でも簡単にとれました

短時間でこんなにたくさん
(持ち帰る2匹以外は川に戻しました)