日時 平成28年8月6日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 14名

今年の夏は川遊び講座を連続して開催します。
魚とり、イカダ遊び、カジカとり、ダム遊びなど、
川を題材にして楽しめて学べる企画が満載です。

今回はライフジャケット(救命胴衣)を着て川を流れる体験を通じて、
川の事を知って水難事故に遭わないための知識を身につける活動をしました。
高温注意情報が発令されたこの日、川の水の冷たさは心地よく、
川を流れたり、下流まで歩いてみたり、魚を観察したりして川と親しみ、
前より川のことを知ることができたようです。

講座で川体験の会場にしている久米川は、
比較的安全で魚が多くて楽しめ、
水質も以前より良好になりましたので川遊びには良い条件が揃っています。
近隣地域から参加の保護者の方も、
近くにこんなに良い場所があるとは知らなかったとのことで、
川遊びの場所をお探しの方にはオススメです。
今日は各地でお祭りが予定されているためか
講座参加者は少なかったのですが、
その分、会場を広々と使え、参加者どうしで仲良くなれて、
いつもと違った楽しさがあったようです。

今日は、命を守る救命胴衣で水面に浮く体験

体にあったサイズを選び、ベルトをシッカリ締めます

水温に慣れるまで川底や流れの様子を観察

体が慣れたら水面に浮かんで流れてみます

安全を確認して巨石でウオータースライダー
【注】滑って遊ぶ場合は必ず事前に安全確認をしてください

休憩時には夏らしくスイカで水分補給

カッパの基地でカレーライスを「いただきます」