日時 平成 28年6月15日(水)9:00~15:00
講師 かわらんべ協力員
参加人数 29名

毎年この時期に開催している草木染め講座。

チョット変わった植物を染料にしたり、布を工夫したりして、
染め上がりの完成品は進化し続けています。

今年も、「特定外来生物」として悪名高い駆除対象種の
オオキンケイギクを染料として活用したり、日本三大桑園の名残の桑の実を使ってみたり、
話題性のある染め物ができました。

染め上がった布を梅雨の晴れ間の風に当てて乾燥させる様子は、
自然が作り出した華やかな色をより一層鮮やかにしてくれるように感じられる風景でした。

オオキンケイギクも原料にしてみました

桑の実はキレイな赤紫に

梅雨の季節が明るく感じられる染め上がりです

常に新しい材料に研究熱心な協力員さんたち