日時 平成 28年4月30日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 63名

川や池にも貝の仲間がすんでいますが、
今回は川ではあまり見かけることのない
二枚貝の仲間のシジミ貝について深く学ぶ講座を開催しました。

この地域に昔からすんでいるシジミ貝は「マシジミ」といいますが、
かつては池から流れ出る水路に多く生息し、シジミ汁の食材にしていたようです。

今では生息地やその数は減って、さらに外来種のタイワンシジミに生息地をうばわれて、
身近な生き物だったはずの在来種マシジミは、ついに「絶滅危惧種」となってしまいました。

かわらんべの小川には以前からマシジミがすんでいて、
伊那谷での貴重な生息地の一つといえます。

今日の講座を通じて、消えつつある、
かつての身近な川の生き物のことを知っておいてほしいですね。

はじめに二枚貝やシジミ貝について学習

かわらんべの小川でシジミとり

小川はシジミ探しで大混雑

わずかな時間でしたがマシジミを50匹ほど発見

とれた生き物をみんなで触ってみました

場所をかえて魚とりや小川遊び

天気も良くのんびり川と親しみました