日時 平成29年1月14日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 29名

真冬は野外で遊ぶことが少なくなりますが、
昔から冬の代表的な遊びと言えば凧あげです。

最近は安全に凧あげのできる場所が少なくなりましたが、
冬の季節風を捉えて青い空に高々とあがる凧は気持ちの良いもので、
天竜川周辺では今でもたまに見かけることがあります。

かわらんべ講座では、
以前は伝統的な竹のホネに和紙を貼った和凧を作ってきましたが、
数年前から誰でも入手しやすい素材で簡単にできる凧を作っています。

今回の講座でも30分ほどで完成させた参加者もいて、
うまくあがらなければ改良することも容易です。

後半は正面の堤防で凧あげを楽しみました。

例年、
この講座の時には風が弱くて走らないとあがらないことが多かったのですが、
今日は強い西風にのって凧は天竜川に向かってどんどんあがっていきます。

自分で作った凧が予想よりも空高くあがって、みな嬉しそうでした。
【注】凧あげは大人の人と一緒に安全な場所で楽しんでください。

凧作りからはじめます

型紙をあてて切り抜き

ホネと尾を付けてイラストや文字を描き

糸を張って30分ほどで完成

唱強い西風で凧は天竜川に方向にあがります

凧あげは冬景色に合いますね

自作凧とともに参加者のみなさん