日時 平成 27年12月19日(土)9:00~12:00
講師 清水 勝弘(天龍峡そば普及組合)
参加人数 65名

年の瀬のソバ打ち体験の季節になりました。

今年も地元:川路・竜丘産の「信州オオソバ」を使った
二八そばのソバ打ち体験を限定20組の親子が楽しみました。

ソバ打ちは料理にしては腕力も要しますので、
子どもと保護者のみなさんが協力しあって、
各組とも立派なそばが打ち上がりました。

かわらんべのソバ打ち体験は、
その場で茹でて「かけそば」にして手作りそばの味を楽しみます。

箸でつまみ上げた麺は、細くて太さが一定の職人並のご家族もいれば、
幅広だったり厚かったりと個性豊かなご家族もお見かけいたしましたが、
お味は例外なく最高のようでした。

 

地元産「信州オオソバ」の二八そばです

一定量ずつ水を加えていきます ここが大事

水が入ったらすぐ混ぜます

生地を団子状にこねます

生地を薄く延ばします

専用の包丁で等間隔に切り落とします

それらしくなってきました

自分でつくったそばに舌鼓