日時 平成 27年11月14日(土)9:00~10:00
主催 かわらんべスタッフ
参加人数 20名

水中には不思議な生き物がたくさんいます。

その中でも特筆すべきが今回紹介したプラナリアの仲間です。

天竜川にもたくさんすんでいる「きれいな水」の指標生物で、
ヒルみたいな気持ち悪い生き物ですが、
どこを切っても再生する驚異の生き物です。

自分自身で天竜川から見つけだして
この生き物を観察・飼育する予定でしたが、
雨で天竜川が増水したため、
あらかじめ採っておいたナミウズムシをみんなで観察しました。

はじめに体のつくりや動きを観察して特徴を整理しました。

頭が三角形、カワイイ目がある、滑るように這う、
這ったあとがヌルヌル、柔らかくて直ぐちぎれるなど、
よく観察できました。

他にも、体表面で呼吸する、口と肛門が一緒、血液がない、
原始的だけど脳と神経系がある、
小さな繊毛を動かして渦をおこして進む(だからウズムシという)、
雌雄同体、普段は分裂して増えるけど環境が悪化すると卵も産む、
そして最大の特徴の「どこを切っても再生する」。

昨年、かわらんべで再生実験をした記録の写真と様子を紹介しました。

みなさんも自分で再生に挑戦してみようと、
お気に入りの個体を容器に移して持ち帰っていきました。

どんなふうに再生するか楽しみですね。

 

プラナリアをじっくり観察

ふしぎな生き物ですね

みんなで観察した特徴を整理しました

プラナリアどこにいるか わかるかな?

再生実験などのスライド学習に小学生が参加