日時 平成27年8月8日(土)9:00~11:00
主催 今村理則(元かわらんべスタッフ)
参加人数 11名

昔から伝わるお盆の行事を地域の子供たちに知ってもらうため、
盆ござ編みの講座を開館当初から続けています。

盆ござの材料はオギと稲ワラで、
最初に3本のワラで縄をなってからオギを編んでいくのですが、
子供たちにとってはワラ縄をなうのが難しく、ワラ縄作りだけでも良い体験になりました。

昔からの行事を知ることだけでなく、水辺の植物を利用することも知り、
ワラ細工も経験でき、夏休みの宿題工作としても最適です。

※「盆ござ」とは?:このホームページの中の
以前の講座活動紹介で詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。
今回講座では、川路の「水辺の楽校」に特徴的な植物のオギを使いました。
本来この地域ではススキを使うようです。(場所によってはマコモも使われます)

 

ワラ縄の「左ない」からスタート

子供たちは縄ないに苦戦

共同作業でオギを編み上げていきます

完成して思わず笑顔

きれいに仕上がりました

盆花のオミナエシも摘みました

今回参加してくれたみなさん