日時 平成27年6月7日(日)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 20名

毎年、6月の第一週の日曜日に全国一斉水質調査が開催され、
かわらんべもこの調査にH22年から毎年参加しています。

いつも講座で活動する川の水質がどの程度キレイなのか、
少々難しい内容の講座ですが小学校高学年が中心となって
パックテストのCOD(化学的酸素要求量)という水質項目を計測しました。

この項目は水の中にゴミの小さな粒(有機物)がどれだけ含まれているかを知るもので、
調べる水に薬品を溶かすと一定時間で色が現れ、その色や濃さで水中のゴミの粒の量がわかります。

分担して天竜川、久米川、かわらんべの小川を調べた結果、
天竜川とかわらんべの小川はやや汚れのある4mg/Lでしたが、
久米川はきれいな状態の2mg/Lでした。

また、天竜川について雨で濁る前と後で比較すると、濁る前の方が若干良い結果でした。

水質調査の後は、小川でのんびり魚とりを楽しむことができました。

水質調査は毎年続けて行きますので、興味のある人は参加してみてください。

 

今日は全国一斉水質調査の日

かわらんべのまわりの川の水質はどうかな?

調査の後は小川の生きもの救出作戦です

ワスレナグサの下のザリガニを捕獲

種類ごとに分けて観察します

とった生きものは少し下流の小川に戻します

水質調査に参加してくれたみなさん