日時 平成27年5月23日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 83名

初夏には魚などの川の生きもの観察の講座を数回開催しますが、
今回は川に親しみ、川の生きものを知る初心者向けの講座を開催しました。

初心者のみなさんが多いので、先ずは水中メガネで川底の様子を観察し、
魚の生活の場である川底が石や砂や様々なもので構成されていて、
陸上から見るのとは違って起伏に富んだ複雑な構造であることもわかりました。

その間、保護者のみなさんは川のゴミ拾っていただき、会場の河川清掃も同時にできました。

魚とりの網に持ち替え、初めは「あまりとれない」との声が聞こえてきましたが、
みんながとった生きものを集めてみると、
魚や水生昆虫、サワガニ、カワニナなど意外にたくさんの生きものが確認できました。

集まった生きものは「久米川水族館」として
展示・観察し、魚とり後半では、ここに加える新しい生きもの探しに熱中しました。
魚とりは、川を知るには最適な活動ですが、
危険もいっぱいです。

必ず保護者と一緒に川遊びルールを守って楽しんでください。

水中の世界を観察することから始めます

あっ 石の下に何かいた!

網に持ち替えて魚とり開始

みなさんイキイキしていますね

「久米川水族館」をみんなで作っています

とれた生き物のことを学びます

「楽しかった人」の呼びかけに全員が挙手