日時 平成27年4月18日(土)9:00~11:00
講師 柏木隆宏・中島拓人(信州野鳥の会)
参加人数 13名

今回は絶好の野鳥観察日和、かわらんべを出てすぐに
ヒバリ、イワツバメ、イカルチドリなどが見つかりました。

堤防に移動すると草地でキジが鳴いたり羽ばたいたりと、
観察した鳥の中では一番目立つ存在でした。

その後、ノスリが現れ、池ではカワセミが飛来し、
見つかった種類は26種と、賑やかなバードウォッチングとなりました。

今年の春はツグミやカワアイサなどの冬鳥がまだ残っていることが特徴でした。

毎年同じ時期にやっているとそんなことも解る楽しさがあります。

 

春の天竜川河川敷で観察

キジが見えた!

見つけた鳥の特徴を図鑑で確認

穏やかな天候でのんびり観察

上空では猛禽類のノスリが旋回

池ではカワセミも姿を見せました

見つかった鳥を記録