日時 平成 28年2月6日(土)9:00~11:00
講師 おしなごの会
参加人数 24名

夏のかわらんべ祭りでも人気のイベント「お手玉遊び」。

祭りの時はジックリ体験できないほど混み合っていますが、
今日の講座はタップリ2時間かけて
講師の「おしなごの会」のみなさんと楽しみました。

前半は布を縫って数珠玉を入れたお手玉を自作し、
後半はお手玉遊びをしました。

とは言え、昨今の子供たちはお手玉遊びを知りませんので、
実演を見て知ることも大事。

講師のみなさんの「振り技」や「おさらり」などの見事な実演を見て学んだあと、
一人で、二人で、大勢での遊び方を体験しました。

お手玉は脳の活性化に良い効果があるそうで、
ゲーム機で遊ぶよりお手玉がお勧めとのことです。

会のみなさんは、昔の遊びの伝承だけでなく、
お手玉の世界文化遺産への認定を目指しているそうです。

今日の講座で認定への一歩?の協力もできました。

お手玉の説明を聞きます

布を袋状に縫ってお手玉を作ります

どれも うまくできています

様々な遊び方を習います

輪になってお手玉まわし

さいごに お手玉花火を打ち上げ

「おしなごの会」のみなさんとともに