日時 平成 28年1月23日(土)9:00~11:30
講師 天竜川上流河川事務所 飯田河川出張所、かわらんべスタッフ
協力 木下建設(施工業者)
参加人数 22名

冬の天竜川の風景と言えば、
凧あげ、ザザムシ漁、透明で良好な水質、
そして河川工事ですが、
今回はバスで河川工事現場に行って、
工事の様子を特別に見学させていただきました。

場所は伊久間堤防護岸工事の現場。

昨年度見学した箇所の下流側です。

工事現場に到着し、
工事の様子を眺めながら河川工事について説明を聞いていると、
子供たちからは「ブロックの形が違うのはなぜ?」
「ブロックはいくつ使うの?」「何人で働いてるの?」など、
質問が絶えませんでした。

堤防に移動して工事で掘った穴の大きさや古い地層、
そこから湧き出る地下水を見学し、
河川工事のあとに元通りの天竜川の流れに戻ることを知って、
最後に工事で活躍する建設機械に乗車体験させていただきました。

寒波来襲のとても寒い日でしたが、
子供たちが積極的に質問する姿と、
建設機械の乗車体験後の笑顔に寒さを忘れました。

 

河川工事現場へ到着

堤防を強くする工事をしています

工事の目的や手順、内容を学習

小学生からたくさん質問がありました

工事で働く機械の紹介もありました

特別に操縦席に乗せていただきました

乗車体験には みな感動していました

真冬の寒さでしたが楽しめたようです