日時 平成 28年1月16日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 78名

最近、天竜川の堤防で
「凧あげ」をする親子の姿をよく見かけるようになりました。

そのためか、今回のこの講座も大盛況となりました。

前半は誰でも簡単にできるレジ袋を使った凧づくりを体験し、
後半は作ったばかりの凧を堤防であげてみました。

現代の子供たちは、凧をあげるために全力で走り続ける姿をよく見ます。

本当は、ある程度凧が上昇したところで糸を延ばしていくと
上空の風を捉えて凧が安定しますので、
走る必要はなくなりますが、
風に向かって堤防を走って身体が暖まるのも真冬の遊びらしくて良いですね。

凧あげをしていると電線や木に絡んだり、
道路や人家に落下する危険性もありますので、
安全な場所で楽しんでください。

今回も多くの方にご参加いただきました

型紙をあてて切り抜きます

色をぬって骨を貼って

糸を取り付けて完成

冬の青空に凧が舞い上がります

冬の堤防の風物詩です

できあがった凧とともに