日時 平成26年 12月20日(土)9:00~12:00
講師 清水 勝弘(天龍峡そば普及組合)
参加人数 59名

「新そば」のこの時期に18組の親子がそば打ちを楽しみ、
自分で作ったそばをその場で味わいました。

参加者はみな「楽しかった・おいしかった」と満足そうでした。

名人によると、今年は上手な家族が多かったとのこと。

その様子はこの写真からも伝わります。

そば粉の地元産「信州大そば」を道具一式とともに
「そば打ち名人」の清水さんが調達してくれました。

また、準備・調理・片付けを協力員さん・講座卒業生が担当してくれました。

みなさんの協力があってこその大行事でした。

ユネスコ無形文化遺産にも登録された伝統的な日本食文化を、
こうして親子で楽しみながら次世代につないでいければいいですね。

「そば粉は地元産です」とそば打ち名人

名人の実演

水を適量ずつ加え手早く混ぜます

生地を薄く延ばしていきます

生地を畳んで専用の包丁で細切りします

その場で茹でて食べるのが【かわらんべ流】

おいしそうな【かけそば】になりました

自分で作ったそばの味を楽しむひととき