日時 平成26年6月7日(土)13:30~15:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 6名

かわらんべ講座は小さな子でも理解できる楽しい体験講座がほとんどですが、
今回は主に小学校高学年以上の子供たちを対象とした、
ややムズカシイ内容の講座を計画しました。

明日6月8日は全国の河川を対象に
約2600地点で5,000人以上が参加する全国一斉の水質調査が開催されます。

かわらんべでもこの全国一斉調査に参加し、
いつも講座で利用している天竜川や久米川、
そしてかわらんべ正面の小川の水質について調べました。

パックテストという簡単に分析できるキットを使って、
汚れの元の成分が川の水にどれだけ溶け込んでいるかを知るための
COD(シー・オー・ディー)という項目を分析しました。

調べる水は、雨で増水する前の川の水を事前にとっておいて、
室内で分析しました。はじめに水の分析方法を学び、
天竜川の水から調べてみましたが、
さすが高学年、分析の精度が高いのか天竜川の水は全員が2mg/Lとなりました。

この他、久米川とかわらんべの小川がほぼ3mg/Lで、
キレイな状態が維持されていることに安心しました。

参考にやってみた水道水では0mg/L、カメの水そうの水は8mg/L以上で、
簡単な分析ですが、水のキレイさを正確に示していることを確認しました。

こうして水のキレイさを調べることによって、
私たちの生活に関連させて水をキレイにしようという意識が芽生えます。

かわらんべは「河川協力団体」として、
川を楽しむ自分自身の手で水質を調べる活動を今後も続けていきます。

 

全国一斉調査に参加した高学年のみなさん

様々な水を全員が分析してみました

色を見比べるだけでキレイさが解ります

天竜川のサンプル 良い色が出ています

分析結果をまとめます