日時 平成26年5月17日(土)9:00~11:00
講師 かわらんべスタッフ
参加人数 19名

水辺の草が伸びて水の冷たさが心地よくなると、
水辺の生き物がにぎやかになります。

そんな春の水辺の生き物探しをかわらんべの小川で楽しみました。

カエルなどの大きな生き物はその場で記録し、
川底の植物やゴミの間にかくれている小さな生き物は
植物ごととってビンに入れます。

 

会場はかわらんべの小川

水辺の生き物探しを開始

大きなトノサマガエルもとれました

とった生き物をサイエンスラボに持ち帰り、
資料を見ながら見つかった生き物を記録しました。

小さな生き物は虫眼鏡を使って拡大し、
スケッチしながら観察すると、生き物の特徴が良くわかります。

見つかった種類は少なかったですが、
地味で目立たない小さな生き物の世界を知るキッカケになりましたね。

サイエンスラボに戻って生き物調べ

生き物をスケッチしてみます

特徴が良く描けています